083街道

ぐうたらおばさんの徒然なるぐうたらな日々…
お気軽に突っ込んでってくだされ。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 動いた | TOP | 整理 >>

2008.05.20 Tuesday

さじ加減

やってられないからもうふて寝

激務に疲れプチリタイア状態になって久しく、すっかり怠け者になってしまったオバさんのワタクシであるからして、アルバイトも今や週に2日しか行っていない。
他に年4回の季節労働が約1ヶ月弱くらいずつ入ってはいるが、おおむね週2日しか労働に出ていない。

しかし、経費削減で人手不足の折、週2日しか出てこないアルバイトにでも「これは大事な仕事なんじゃ??」と思われるお仕事が回ってきたりする。

私としては、モノを教えてお金貰ってるところなんで、教える内容、カリキュラムなんかが、やっぱり商売の軸なんじゃないかと思ってるのだ。
教え方やシステム、講師のレベルなんかもそれに準じて自然に決まってくるものだと思う。

そんな大事なものの一つであるテキスト(いわゆる教科書的なもの)の制作を一科目たのまれている。(もう、最近は教材作成のなにかしらを常に抱えているような状態だ)
週に2日しか出てこなくて、そのうえ空き時間で…となると、たとえ空き時間が多少あったとしてもろくすっぽすすまず、埒があかない。
(毎日出勤している人に頼んでいる科目も未だ製作中の状態なのだから)
仕方が無いから休みの日に出て少しずつでもすすめようかな…みたいな話しをちょっとしたら、「お金でないよ」と言われてしまった。




「お金でないよ」と言った人からお金をもらっている訳ではない。
「お金でないよ」と言った人は一応責任者ではあるが、肩書き的にはただの契約社員で、管理職でもない。
「お金でないよ」と言った人は、そんな一生懸命やっても損になる可能性が大であるということを教えてくれただけだ…と思う。

平たく言えば、出てきてもいいけどタイムカードを押すなってことなんだと思う。

腹が立つが、このご時世多少のサービス残業はしかたなかろう…と100歩譲っても、こういうことはきちんと「お金を出す側の人」が申し訳ないと頭を下げてお願いしなくてはならないと思う。
一契約社員に「人件費は出さないように」といってすませるのはいかがなものか。
しかも、一番軸になる仕事のための人件費なのに。

こういう態度が働く人のモチベーションを下げるのがわからないのだろうか?

同じ無料奉仕でも(本当は違法なんだけど)経営サイドの態度次第で、結果は全然違ってくると思うんだけど。

払うべきものが払えないという経営スキルの不足に対する引け目を、もっときちんと感じていただきたいものである。
自覚していたらこんなに上から目線ではなく、少しは「いつもすまないねぇ」的な雰囲気が漂うであろう。

それなら、経費のアシが出ない程度に、出勤した日に1時間くらいサービスしても、そう腹は立たないのだ。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top