083街道

ぐうたらおばさんの徒然なるぐうたらな日々…
お気軽に突っ込んでってくだされ。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 風通し | TOP | ワンセンテンス >>

2010.02.26 Friday

悔し涙

オリンピックでがんばるフリープログラムでの真央ちゃん
日本中が固唾をのんで見守った女子フィギュアのフリープログラム。
全員が入賞という検討を見せた。
しかも全員が自己ベストで。
大きな大会で、ベストが出せるということをとっても、日本チームの「強さ」がわかるというものだが、皆が注目していた真央ちゃんは残念ながら「銀メダル」に終わった。

印象的だったのは、試合後のインタビュー。
口では銀をとれて嬉しいとはいったものの、真央ちゃんは少しも嬉しいなんて思っていないことは、誰の目にも明白だった。

こらえきれず涙を流す真央ちゃんの映像は、悔しさが伝わってくるようで、何度観てももらい泣きしてしまいそうになる。
キム・ヨナに負けたことではなく、自分の判断ミスを悔いての悔し涙だろう。
最初、「金」への執念がそんなにも彼女を泣かせるのか?とも思ったが、すぐに、メダルなんて二の次で、すべてが自分の内に向けての悔し涙なんだと気づいた。

ちょっと付き過ぎなんじゃなかろうか?というほどの点差のことを考えると、信じていたトリプル・アクセルに裏切られたようなやるせなさも感じていたかもしれない。(男子の4回転といい、技術に対する評価が低いのでは??という問題が燃焼しているが…スポーツなのだから、一理あるように思う。)

でも、嗚咽を押し殺しながらも、静かにふつふつと新たな闘志を燃やし始めているようで、そんな真央ちゃんをみて、すでに4年後に期待を抱くおばさんなのであった。たらーっ

個人的には、鈴木明子選手の滑りが、観ていて気持ちよくて感動的であった。

何かに感動して涙
何かに感謝して涙
案外そんな幸せな涙のほうが多いかもしれない。
外に向かって自分が解放される涙でもある。

反対に、自分の内側に向かっての涙もある。
私の場合はは、なんといっても悔し涙が圧倒的に多い。
ほとんどがコレといってもいいくらいダントツだ。
残念ながら悲しい涙もときどきある。
でも寂しくて涙することは思い返す限りでは経験が無い。
(寂しいという感情がイマイチよくわからん)

悔し涙は何かを強烈に決心させたりすることがある。
だから悔しい気持ちは外でなく内側にむけるのが正しいと、おばさんは思うのである。
(外に向くと恨みつらみになりがちだしね)



本日の運動:2km走り1km歩き2km走った。既に体中が痛いポロリポロリポロリ


コメント

あたしも鈴木明子のたのしそうなすべりに涙しちゃいました〜
あと高橋のすべりにも・・・

個人的にはミキティの衣装にいつも釘づけでたのしみにしていました〜彼女もがんばったなぁ〜って。

真央ちゃんは4年後にまたがんばってくれそうな気がします〜
2010/03/01 10:05 AM by miko
>mokoさん

「もう金しかないですから」と笑顔で言ってましたもんね、真央ちゃん。
楽しみです。
2010/03/01 11:15 PM by nabo

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top