083街道

ぐうたらおばさんの徒然なるぐうたらな日々…
お気軽に突っ込んでってくだされ。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 豫園〜新天地〜同楽坊 | TOP | 二泊四日の旅を終え >>

2009.12.24 Thursday

孫文〜泰行路〜リニア〜浦東〜同楽坊〜南京東路

朝食だす。

昨日と同じ時間に朝食。
食後もしばらくコーヒーを飲みながら、まったりし続ける私と旅の友。
そんなわけで昨日より少々遅い出動となる。

まずは地下鉄を乗り継いで黄陂南路まで行き、そこから20分ほど歩いてようやく「上海孫文故居記念館」に到着。
孫ちゃん家の門

このあたりは閑静な住宅街といった感じで、比較的大きな一軒家が建ち並び、道路の脇には街路樹が植えられている。
最近整備された…という感じではあるが…。

孫ちゃん像に挨拶をして、記念館を見学。(館内撮影禁止)
孫ちゃん像

最後にお約束の物販コーナーにて孫ちゃんファンのにゃんこ先生へのお土産も購入。

その後すぐ隣にある、孫ちゃんが住んでいたお家&お庭なども観る。
マカオにあるお家にも行ったことがあるが、孫ちゃんの住んでいるお家はなかなかおっされー♪である。
孫文亡き後も夫人の宋慶齢がしばらく住んでいたということである。
(上海にはこの宋慶齢故居もある)

で、またさらに10〜15分くらい歩き泰行路にある「田子坊」ヘ移動。
途中、郵便局の前にあったポストは青緑だった。
青緑のポスト

田子坊は、昔の疎開時代の建物や工場跡地を改造した、おっされー♪なショップやカフェができている、やっぱり最近ホットな場所。

入り口付近には来んなシュールなポスターも。
シュールなポスター

写真を売るお店や、センスのいい小物や雑貨類、衣料品などが、迷路のように入り組んだエリアにひしめく小さなショップに並んでいる。
中国っぽさの全くないカフェ…も。
ここでお買い物モードになると、たぶん半日以上つぶれてしまうくらい、私的には好みの空気。ラブ
女子同士で来るときは、少し眺めに滞在予定を立てたいところだ。

田子坊の路地

結構たくさん歩いたので、カフェでお茶タイム。
ブラウニーなぞを美味しく頂く。

カフェ

マフィンとブラウニーでティータイム

田子坊で油を売った後は、さすがに30分も歩く時間がもったいないので、駅までタクシーでひとっ飛び。
そこから地下鉄で龍陽路まで移動。

乗り物好きの旅の友のために、ここから空港までリニアモーターカーで往復する。
リニアモーターカーに乗る、そして最高速度431km/hを体験することが目的である。
もう、アトラクション状態だ。イヒヒ

リニアモーターカーと旅の友(初のお目見え?)
リニア

往復でひとり80元(約1200円)。
上海中心地を挟んで二つの空港があるが、来年の上海万博の頃にはその空港同士がリニアでつながるようだ。
羽田と成田が1時間かからずリニアでつながれる…みたいなもんか?
スゴすぎる。

そして、リニアで往復し元の駅に戻ってきたら、今度は東昌駅に移動し、森ビルが建設した、世界一高い展望台があるという栓抜きのような形のビルへ、また10〜15分ほど歩く。

栓抜きビル
正式名称は上海環球金融中心(展望台)

一番高い階の展望台は床がガラス張りになっているところがあって、とても下を向いて歩けない。
こんなもん作るなんて、頭がおかしい!ってくらい、きょわい冷や汗きょわすぎる冷や汗冷や汗
暗くなっていて、しかもかなりガスっていてくれたのが救いであった。
(でも、クリアーなときにも行ってみたい…という恐いもの見たさもある)

このあと、外灘を散歩しながらあの超有名な夜景を鑑賞しようという予定もあったが、エレベータを降りたところに、またしてもディンタイフォンを発見してしまい、夜景より小龍包ということで、また今日も飲茶。
今日は菊花茶で頂く。

そして、大好物のラー油たっぷりの蝦雲呑もいただく。
ラー油漬けの蝦雲呑

ここであえなくタイムオーバー。
大急ぎでタクシーを拾い地下鉄駅までダッシュ。
この時間は渋滞がひどいので、地下鉄でホテルに戻り、荷物を置いてすぐライブ会場の同楽坊へタクシーを飛ばす。


もう、今日は開演ぎりぎりに到着して、ちょっと楽屋に顔を出したら本番スタート。

クリクリライブin上海

クリスマスイブだけあって、昨日よりノリノリな感じ??

Creature2ライブin上海

クリクリライブin上海


ライブの後は南京西路にあるARKへ移動して、打ち上げ。
その前に、ファンの方との打ち上げもある…らしい。
メンバーより一足お先に移動。

ARK

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top