083街道

ぐうたらおばさんの徒然なるぐうたらな日々…
お気軽に突っ込んでってくだされ。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 香港1日目 | TOP | ただいまー >>

2009.10.22 Thursday

今日はマカオに行ったよ


9:15分発ターボジェットにてマカオへ。

今回は一昨年年末に比べるとだいぶ空いていて、すぐ次の便のチケットを買うことができ、急いで出国手続きをすませて乗船。
約1時間でマカオに到着し入国(入境)手続き。
ゲートを出て右前方にインフォーメーションがあるので、そこでバスの路線案内(本当に少ししか乗ってないのであまり役に立つとはいいがたいが、ないよりはずっとマシ)と地図、そしてなぜかおいてあった「マカオぴあ」(これ、地図見やすいし、レウトラン情報が満載で結構役に立つ)をゲットし観光スタートである。

今回は南端から北上する形で世界遺産を巡ることにしたので、寄ってくる客引きは無視し、フェリターミナルから10番のバスに乗って終点の媽閣廟まで約20分。
媽閣廟前に広がるバラ広場には、既にたくさんの観光客が…。
そして、思っていたより日差しが強く暑い。
水を買い、アイスキャンディーをなめながら休憩。

その後、媽閣廟を見学。
ご祈祷野用なことを頼んだ人がいたので、太鼓や銅鑼をならして儀式を行っているようで貴重な場面をみることができた…と思う。

横道に入ったところにあったお店でマカオ名物エッグタルトを発見し立ち食い。
その後、媽閣廟から、中心地のセナド広場まで世界遺産を巡りながらチンタラ歩く。

というわけで前半はバラ広場→媽閣廟→法務局大樓(外観)→鄭家屋敷(外観)→リラウ広場→聖ローレンス教会→聖ヨゼフ修道院&聖堂→聖オーガスチン広場→ロバート・ホー・トン図書館(外観)→聖オーガスチン教会→ドン・ペドロ5世劇場→民政総署→セナド広場の順でまわった。

疲れたので、お約束の牛乳プリンタイム。
牛乳プリン

おすすめと書いてあったのでパパイヤミルクも頼む。
で、お昼も食べていないので卵付きの“公仔麺”をたのんだら、やっぱり本当にインスタントラーメンが出てきた。
インスタントラーメン
しかし、スープは多分お湯で割ったのではなく何かのスープで割っていると思われて、とても美味しかった。

おなかを満たしセナド広場からマカオ観光後半戦。

セナド広場ごしに民政総署

残念ながら広場沿いの仁慈堂は何故か工事中で、みることはできず。
ここからは、比較的人の多いところを回ることになる。
三街会館(関帝廟)→聖ドミニコ教会&聖ドミニコ広場→大堂(カテドラル)→盧家屋敷→イエズス会記念広場→聖ポール天主堂跡→ナーチャ廟&旧城壁→モンテ砦
ここで時間切れ。
そのままマカオ博物館の中のエスカレーターで下の公園まで降り、小石が埋められた足の裏のつぼを刺激する道を悲鳴を上げながら少し歩き(超痛かったけど、ふくらはぎまです〜っと楽になった)、またセナド広場まで戻る。

香港に戻ってから夕飯…とおもっていたが、もういい時間だし、肝心のポルトガル料理をまだ食べていないという重大なミステイク。
よって、カジノはパスしてマカオでゆっくりポルトガル料理の夕飯をとることに。

検討の結果、セナド広場のすぐ横にある、女性オーナーがやっているという「エスカーダ」というお店に決定。
まだ時間が早くてすいていたので、ゆっくりサングリアを飲みながらポルトガル料理を満喫。
お店もおしゃれな感じでしかも食べ物はすべて美味しい!
前回あたったにもかかわらずアサリは食う
最後のコーヒーまでゆっくりいただいたあと、またしても一回バスに乗り間違えて、なんとかスタート地点のフェリーターミナルへ。

12月にきたときに比べてだいぶすいていたので、すぐ乗船でき、速やかに香港にもどったのであった。

荷物をホテルに置いた後、例によって24時間営業のWellcomeへ出向き、オレンジとレモンを購入。昨日買ったサングリアに入れて、今日の部屋飲みはフルーツ入りのサングリアで夜は更けたのであった。

コメント

楽しい旅が続いているようでなにより♪

しかし即席めん、んまそうだ(^-^)
青島の空港で搭乗前に辛らーめんを
たのむんだが、うちで食うヤツよりも
んまいのだ!!

ともあれ、さらにいい旅を(^o^)/

追伸。。

 香港は中国、マカヲはどこの国だ!?
2009/10/24 2:07 PM by O'Zi:
マカオも今は中国に返還されています。
その前はポルトガルの植民地でした。
2009/10/29 2:55 AM by nabo

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top