083街道

ぐうたらおばさんの徒然なるぐうたらな日々…
お気軽に突っ込んでってくだされ。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.08.03 Friday

友禅2日目

朝から友禅2日目昨日の続き作業。

今日はボカシに挑戦。
花は少し考えたけど、葉っぱはあまり考えずに、感覚のみで、適当にぼかす。

二日目でだいぶ調子が出て来たようで、ちょっとお残りさんになったけど、なんと塗り終わった。

明日はやる事が無いので今日で終了とする。
これで心置きなく真夜中の「なでしこ応援」ができるというものである。

ぱっと見るとキレイであるが、よく見ると結構はみ出しておる。

紙に張り付いているのが地色の見本だ。

地色と仕上げ&仕立ては、職人さんにおまかせ。
塗った染料を定着させるのに、蒸すらしいのだが、そこでまた色味が変わるとのこと。
いったいどんな仕上がりになるのかとっても楽しみ。

帯一本作るわけなので、費用はそれなりにかかるのだが、超楽しかったからまた来年もやりたいなぁ。
今からへそくるか。(爆)
来年は夏帯もいいかも。
そして、再来年は着物にチャレンジできたらいいなぁ。
(でも着物は帯の倍額くらいかかる…
ここんとこずっと、色塗りと言えばパソコンだったけど、20年ぶりくらいに筆なんてもっちゃって、それはそれでスッゲー楽しかった。


2012.08.02 Thursday

友禅1日目

友禅1日目友禅で帯染め(正確には塗り絵)にチャレンジ。
(着物を染める方もいらっしゃいますが、私は初めてなので、描くところの少ない帯ざんす。)
今日は一日目。

前もって決めて伝えてあった下絵は、既に描いてある状態。

まず、膨大な色見本の中から、地色を選ぶ。
今回は芥子色っぽい感じにする事に。
類似色がいっぱいあるから迷う。

地色が決まったら、これまた膨大にある染め見本(端切れにいろんな色の水玉模様があるようなモノが本当に山になっていた)から、自分が使用する色を全色ピックアップして、職人さんにわたす。
さすがに、色を作るのは難しいようで、ここは職人さんにおまかせ。
(20色近くあった)

色をつく手貰ってる間に、これから色を入れて行く柄の中を、にじみ止めの糊で塗りつぶす。(布なので、水分が多いとそれでもすぐ滲む)
色はつかないものの、細かいところははみ出さないように必死。
しかも乾くと、何事も無かったようになってしまうので、
どこを縫ったか覚えておかないと、塗り残しができてしまう。
(裏から透かしてみると分るんだけどね)

糊が塗り終わ理科湧かしてる間に昼食。
戻っていよいよ色を塗るわけだが、まず、白で塗るところを決める。
白いところが無いと、詰まった感じになってしまうので、多少でも入れた方がいいらしい。

で、他は染料だけど白は顔料ということで、まず白を先にぬりぬり。
そうこうしているうちに色ができて塗り始める。
小皿に入った状態の色と、乾いた時の色がかなり違うのにびっくり。

最後まで残って塗ったけど、ここまで。
明後日の午前中までなんだけど、塗り終わるのかしら〜。






 

▲top