083街道

ぐうたらおばさんの徒然なるぐうたらな日々…
お気軽に突っ込んでってくだされ。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2011.12.02 Friday

きものDAY?

前回より下手になってた本日はお仕事ではなく着付けで午前中からお出かけ。
もうすぐ認定試験なんだけど、ぜんぜん行けてなくて、まったくもって練習不足である。
久々にご学友と一緒に振り袖の着付けあいっこをする。
20〜30分ぐらいで着付けないとダメみたいなんだけど、いろんな事が忘却の彼方に行ってしまっていて、どうやってもそんな時間じゃ無理だ。
あと1回のレッスンして、その次はもう試験。
まったくできる気がしない。

時間があったらまた週末実家に行って、妹をダシに練習したいものであるが、いかんせんそんな余裕も無く、いったいどうしたものか。
一応、大昔使っていたスタンはあるけど、洋服用だからなぁ。
まぁ、タオルでぐるぐる巻きにして帯結びの練習くらいはできるかもしれん。
お腹ポッコリダンナを使うわけにも行かないし…。
う〜〜〜ん。

午後は、ヘア&メイクの講習があったのでそれにも続けて参加してみた。
講師のヘア&メイクさんはどうやらTVなどでも着物関係の(主に演歌系)ヘア&メイクのお仕事もしているようで、鮮やかな手仕事でございました。

業界にいたのでヘア&メイクさんともいろいろお仕事でご一緒させていただいたけど、さすがに和装専門って人はいなかった。
女優さんの担当でもしていればまた違ったかもしれないけど、J-POP系では、やはりご縁は無かったのである。

結論として私の髪は少々長過ぎるようだと言う事がわかった。
もう少し短い方が扱いやすいだろう。
思えば1年くらい美容院には行ってないかもしれぬ。
やはり、きらなくてはダメだね。
メイクは、何度か講習会に行ったことがあるので、だいたい聞いた事のある事だったけど、メイクの順番が間違っていたようである。

ファンデーションのあとハイライト、チーク、そのあと眉から描いていたけど、
ファンデーション→ハイライト→アイメイク→眉→チークの順らしい。

アイメイクをする前とあとでは、見た目の目の大きさが変わるので、先に眉を描いてしまうとバランスが悪くなるという理屈だ。
次回からはアイメイクを先にする事にしよう。

それにしても、ホント、髪の毛の扱いは慣れていないだけにダメダメであった。
とほほ。



続きを読む >>
2011.09.08 Thursday

着付けの木曜日

文庫結び(教材枕)

木曜日は着付けの日…ということで、午前中は着付けのお勉強。
実は一つクラスが進んで「経営師範科」という、なんとも、すごく、出来る人みたいな響きのクラスになっちゃっている。
でも、今までやった事、かなり忘れちゃってる。

師範科っつうくらいだから、教えるためのクラスになるわけで、内容はおさらいが多い。
それを、教えるつもりで言葉にしながら進めておる。
内容は違えども教える仕事してるから、そんなに抵抗はないが、いかんせん基本的に頭に入りきっていないから、かなりしどろもどろである。

がんばって今日は袋帯&教材枕(枕の下に窓枠みたいなのがついてるヤツ)で文庫結び。
前に写真撮った文庫結びは、普通の帯枕でやったヤツで、それとはちと違う。
だいぶはじめの頃にやったヤツのおさらいってかんじ。

少し涼しくなってきたら、また、日々着物に親しむ生活を少しでも増やさないと…。
夏は暑すぎて、とても和服になる気合いはなかったために、だいぶニブってる気がする。



続きを読む >>
2011.08.18 Thursday

備忘録/女子専用(育児男子可)

抜け殻

いつも、「続きを読む」の方に書いていた事を今日はこちらに書いてみる。
3.11以降、原発関連の情報を追いかけているが、それに付随して今まで見えなかったシステムがいろいろと見えるようになって来た。
そして、今まで自分の事ばっかりで全く視野が外に向いていなかったという事実を認識して、大人としてかなり反省をしている。
絵に描いたような「お気楽主婦」っぷりである。
子供とかいないから、あんまり先の事を考えてなかったかもね。

昨今は、放射能汚染がだいぶ広がって来たなぁという実感と、ぼちぼち「直ちに影響はない」の「ただちに」の期間が終わりつつ有るのではないかなどと思っている。

そんななか、食べ物にはそれなりに気を使っていたが、ここに来て「生理用品」の製造工場の場所による製品の汚染がTwitter上で話題になっている。

コレを作っているメーカーのものを使用した人の中に、トラブルが続出したようだ。
http://p.tl/xQ5O
(結構安売りされているとの情報有り)

「で、まさかと思い固有番号調べたら案の定製造が福島工場。
おそるおそるガイガーカウンターを当てたところ数値が急上昇!
室内0.07μsv/hに対して製品開封後0.15μsv/h 」とのこと。
原因はなんだろ。
やっぱり水なのかな。
そのアタリはよく解らない。
「生殖器からの吸収は腕裏の30倍被曝する!!」というコメントも。

それでなくても市販の生理用品を使用すると生理痛がひどくなったり、期間が長引いたりしがちだと言われている。
(それで、今は、経血コントロールとか布ナプキンなんかが静かな人気だ)

他にも
「噂の生理用品。先日、例のメーカーのナプキン使ったら、激しく痒くて湿疹が出来てエライ目にあいました。生理終わったら病院行こうと思って、完全に終わっ て三日後、忽然と湿疹も痒みもなくなりました。まさか…?いや〜、自分いろんな症状出過ぎで明らかにおかしいことばかりだ。」とか
「何だか泣きそうなんですけど・・・私もこのメーカーです;ずっとと言って良いほどですが・・・この数ヶ月、確かに変な湿疹が出ました。私は虫刺され打と思い、「こんなところ今まで刺されたことないのに;」って思って、場所が場所だけに誰にも言ってませんでした・・・」とか
「某生理用品メーカーの介護用オムツも、福島工場の製造だそうです。子供のオムツも心配になりました」とか
「ユ○・チャームのcenter inは愛媛で生産されていました。ガイガーをあててみましたが、室内と変わりませんでした。」
「セブンネットで台湾で生産された外資メーカーの物を発見!あの「囁く」という外資メーカー が良いかもしれません。」とか
「使用していたユ○チャームの生理ナプキン、問い合わせセンターに電話したら、福島県東白川郡棚倉町の工場で作られてました。放射能検査は抜き打ちでサンプルのみしか測定なしとのこと。会社の対応も事勿れ主義で、激しい憤りを感じます。絶対、不買運動します!」とか
「赤ちゃん紙オムツのマ○ーポコは完全福島工場だそうです。震災後一時商品消えたけど、また復活うしたからお店で聞いたらそうだって。ムー○ーもかな…?」
等の情報が飛び交っていた。

他に、赤ちゃん用「おしりふき」についても
「ユ○チャーム福島工場製生理ナプキンが話題だが、うちではタンポンを開封。空間線量0.11〜0.15の我が家で、0.15μSv/hを記録しても信憑性なし。ムー○ーお尻拭きは、0.14〜0.18μSv/h。一枚取ると上がりしばらくすると下がる。」とか、
「タンポンは、空間が既に高いためよく解りませんでしたが、お尻拭きは、一枚出すと線量が上がり、しばらくするとやや下がり、また一枚出すと上がるので間違いないかと0.14〜0.18μSv/hの変動です。ムーニーおしりふき」とか、
「ユ○チャーム 生理用品の製造所固有記号は頭の5桁が年月日、6桁目が製造所のようです。福島8、静岡9、愛媛6、香川4、5もあるようですが今の所不明です。」とか
「マ○ーポコってユ○チャームですよね。福島あるかもしれません!家にあったム○ニーの製造所固有記号は107248193、これ福島工場です。違う番号もあるかもしれないです。生理用品で放射線量上がったという方のもユ○チャーム福島工場でした。」
等のやりとりが。

もともと「おしりふき」自体が、赤ちゃんが使うには怪しい製品では有るが、場合によってはさらにマズい事になりそう。
3.11以降、おかしいな?と思うことがあったら、こんなものまでもチェックしてみなくてはならないんだね。

まったく、とんだ世の中になったもんだ。



追記:フクシマ原発事故後に急増している生理不順、生理周期の変化、生理変調まとめ

続きを読む >>
2010.10.10 Sunday

宇都宮ドライブ

ドライブ

たんぽぽさんがお仲間と開催している「気ままな二人展」にご招待くださったので、会場の一芸舘のある宇都宮まで、ドライブがてら出かけてみた。
走るほどに天気も回復し青空が広がって風もさわやかになり気持ちがよく、窓を開けて走った。

ナビレスのマイカーであるが、iPhoneの地図アプリをチラ見しつつ、スムーズに到着。

日々精力的に作成していた織り作品の数々が所狭しとたくさん展示されていた。
圧巻。
ブログの写真で目にしていたものの、やはり現物はぜんぜん迫力があって、美しいものであった。
風合いも素材によって千差万別で触感もそれぞれがきもちいい。

たんぽぽさんの織り作品

人の手で一つ一つ作られたものは、量産されたものにはないパワーがあるものだなぁと実感。
パートナーの方は“編み”専門のようで、お二人とも糸から作品を作ると言うところは同じ。

たんぽぽさんのひつじさん

私も先日、たんぽぽさんのお誘いで、ちょこっとだけれど織りを体験することができたのであるが、それ以来すっかり忙しくなってしまい、道具と材料をそろえたところでストップしてしまっていて、既にせっかく学習した記憶もおぼろになって来ている状態である。(一応、糸も買って来たりしたのだが…)

こんな大作はとても無理だけど、完全に記憶が忘却の彼方に行ってしまう前に、復習しつつ小さいものを織ってみたいものである。

思いがけず、会場にちょっと気になっていたビーズクロッシェも少し並んでいたので、拝見させて頂いた。(これはビーズを“編む”というものだね)

閉館時間まで油を売ったあげく、お土産までいただき、帰路に。
連休のため多少の渋滞はあったものの、中日なので軽いものであった。
行きより1時間くらい余計にかかったくらいで、ストレス無く家に到着。

お土産を玄関に設置して、今日一日の充実感を味わうおばさんなのであった。


2010.10.04 Monday

おニューの爪

 秋の装いです仕事終わりで、湘南新宿ラインに飛び乗って横浜へ…。
17時を回っていたが、池袋からだと座って行けるので助かった。

桜木町まで遠征し、いつものネイルサロンfuwafuwaにて、職人TAKAKO嬢にネイルを丁寧に塗って頂いた。
時期的にハロウィーンのネイルが人気とのことであったが、私は秋らしくボルドーをチョイス。
左右1本ずつ、白い花を3Dアートでのせて頂く。

地色に同色のラメをグラデーションで入れてくれた。
出来上がってみたら、これが奥の方で光ってすごーくきれい。
花の指には同色のラインストーンものせてもらって、何ともエレガントに仕上がった。

気がつけば、爪が伸びすぎていたのも、ちょうどいいあんばいに削ってくれているあたりも、さすが職人である。
折れていた指の爪も長さだしをしてもらったので、きれいに揃って一安心。
もう少し長い爪だったら、もっと全然それっぽくなるんだろうけど、パソコンのキーボードを打つにはこのくらいがせいぜいなのだ。

折れる前、今までになく長くなっていたのであるが、講義をしに行っている先の、講師用のノートパソコンで入力をしていると、自分のパソコンじゃない(しかもwindows機で和文欧文が激しく入れ替わる)せいもあって、まぁ、ミスタイプをするする。
画面がプロジェクターででっかく映し出されているというのに、激しく入力ミスを連発していたのであった。

パソコン初心者の方も結構いらしたので、かなりゆっくり入力しても生徒さんの入力待ちになるくらいだったので、できるだけゆっくり入力したりして、お茶を濁していたが、「この先生、よく打ち間違いするよなー」くらいは、軽く思われてるに違いないのであった。

でも、これで明日からはもう少しまともにキーボードがうてるというものである。


帰宅をしたらもう日付が変わっていたが、気を取り直して、復習用のサイトの更新をして、明日のサンプルデータを作成して寝た。

▲top