083街道

ぐうたらおばさんの徒然なるぐうたらな日々…
お気軽に突っ込んでってくだされ。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2014.03.24 Monday

Jojo's Birthday

jojo&momo

誕生日の母娘ツーショット。
4年前五匹兄妹の末っ子としてこの茶色い母から生まれたチビjojo。
元気に育ってよかったね。
相変わらずチビだけど。
誕生日おめでとう。

2011.12.22 Thursday

パクじいさんの命日。

在りし日のパク 仔猫たちと眠る
(亡くなる半年くらい前の写真)

パクがいなくなってもう1年かぁ。
その間にチャビばぁさんもいなくなってしまった。
なんだかもっと時間が経っているような気もする。
去る者日々に疎し…であろうか。

恵比寿の公園で拾われて、なかば押し付けられるようにして我が家にやって来たけど、すんなり家猫生活になじんでいたっけねぇ。

残された次世代の猫たちを見守っていておくれ〜。

と、感傷に浸っていたらあっという間に日が暮れそうなので、あわててお買い物に。
気がつけば明日から韓国だよ。
結局また夜中に慌てて荷造りすることに。
東京人は「寒い」といい、北海道人は「言うほど寒くない」という、冬の韓国。
もって行く衣類は、冬の北海道をイメージしてチョイス。

そんなわけで、あわててユニクロでダウンコートとヒートテックアイテムをゲットして来たのであった。
ダウンコートって、膨らんで見える気がしていまいちきる気にならなかったけど、背に腹は代えられん。
だから、こだわりも何も無く、安易にユニクロさ。

JUGEMテーマ:ペット



続きを読む >>
2011.12.21 Wednesday

猫親戚の会/忘年会

ルルとナナ

職場の忘年会はパスしても、猫親戚の会の忘年会には行くのである。
この会は、モモちゃんの赤ちゃんのうち3ちゃん(現ルルちゃん)と4ちゃん(現ナナちゃん)の里親さんとその紹介者(今日は不参加だけど紹介者の弟)がメンバー。
正確に示すと、私→妹→元クラスメート(弟)→その姉(紹介者)→その友人(里親さん)という流れでつながったのであるが、主に集まるのは里親さんと紹介者と私の3人だ。
年に一度はみんなでルルとナナの成長を祝おうという感じ。

三人とも飲み助というのも大きいかも。
そして里親さんは料理が上手。
我が家では決してお目にかかる事の無い手のこんだ品が並ぶのである。
そんなわけで訪問者の二人はワインとシャンパンを持参して、おいしい料理をいただく。

ルルとナナはかなりでっかくなっていた。
太っちょというよりはでっかい感じだ。
モモちゃんも普通サイズ、末娘のjojoにいたっては小柄(太ってるけど)なのに、他の仔たちは全員ビッグサイズだ。
1(クー)&2(シー)も夏にあった時こんな感じだった。
我が家の唯一のオス猫シュシュよりも皆大きい。
どうみても明らかにjojoだけは確実に父親が違うかんじだ。

それにしても、耳の先がちょこっと黒かっただけのナナは、すっかりクリーミー柄の猫に変身していておどろいた。
シーも白かったのにうっすらチャーになっていたし。
猫って、成長過程でこんなに毛の色がかわるなんて、いままで体験した事が無くほんとうにびっくりである。
パク&チャビは(過去に実家で飼っていた歴代の猫も)ずっと変わらないように見えたんだけどねぇ。

すっかり立派になったモモちゃんの赤ちゃんに目を細め、おいしい料理に舌鼓を打ち、調子良くお酒を流し込んで、帰る頃にはすっかり酔っぱらいになっていましたとさ。

ちなみに、当時のルルとナナ。
貰われて行った日のルルとナナ

ちっちゃー。

JUGEMテーマ:ペット



続きを読む >>
2011.11.30 Wednesday

クリと追いかけっこ

代表者今日は臨代打のほうの出稼ぎ仕事。
少し近いので結構早くお家に帰れる。
で、帰ってすぐにシュシュを2回目の病院。
前回からの経過を見る。
だいぶ良くなってるとの事だが、再度耳掃除をして2度目のダニ駆除の薬を塗ってもらい他の3匹分も貰ってきた。
奥歯のあたりが炎症を起こしているので、年末に抜歯&歯石取りの予約を入れる。

帰ってきたら早速他のお猫様たちにお薬をぬる。
jojoの首の後ろには何も問題なくぬりぬり。
猫チグラの中で爆睡しているところをゲリラ的に襲撃して、意外にすんなりモモちゃんにもぬりぬり。
しかしクリは逃げまくり、さんざん追いかけっこをしたあげく、ようやくバスタブの中に追いつめ、威嚇されつつも決死の覚悟でぬりぬり。
なんか悪い事してるみたいな気持ちになってくるよ。

クリとの追いかけっこですっかり疲れたよ…。(^_^;A


JUGEMテーマ:ペット

続きを読む >>
2011.11.17 Thursday

ダニ騒動。

縦矢結び

午前中、着付け教室へ。
今やっている科の認定試験は振り袖の着付けなのであるが、その時に結ぶ帯結びを教えてもらう。
縦矢結びである。
おもえば初めての他装である。
帯は、結び方は難しくなったけど、みながらできる分自装よりも楽かもしれない。

レッスン終了後、急いで片付けて、急遽依頼された別の出稼ぎ仕事のため小伝馬町へ移動。
3時間だけhtmlの授業をして終了。
生徒さんが2人しかいないので、授業というより家庭教師のような感じであった。

そして、小伝馬町は少し近いし、快速が使えるので速やかに帰宅できる。
18時過ぎには家に着いた。

コレならなんとか予定遂行が可能だわ!とシュシュのワクチン接種をしに近い方の動物病院に徒歩でむかう。
シュシュは無防備なのでキャリーに入れるのに何の手間も無い。
抱っこしてホイ!である。

ワクチンついでに、気になっていた耳の汚れを診てもらうと、案の定ダニが検出された。
実は他の3匹も程度の差こそあれ、にたような状態で、間違いないと確信はしていた。
さらに気になっていた口の中も診てもらって、奥歯は抜いた方がいいかも…という展開に。

とりあえず、耳の中を掃除してもらって、首の後ろに垂らすタイプの駆除剤を垂らしてもらってから、ワクチン接種。
2週間後にもう一度駆除剤を垂らさねばならないらしい。

他の3匹の分は、帰ってから自分で垂らす事にして、薬だけ貰って来た。
多頭飼いだと、こういう時に大変だ。

どんくさいjojoにはすぐに投与できたけど、momoちゃんとクリは、隙をみて忍者のように気配を消して忍び寄り、威嚇される中ビビりながらなんとか投与した。

コレがもう一度あるかと思うと気が重い。
jojoは耳の掃除までできたのになぁ。


続きを読む >>
2011.11.08 Tuesday

チャビばぁさん、いよいよ危ない

やさしいシュシュ

午後から副業。
出勤前にチャビに輸液注射。
なんだかだいぶ元気が無い…。
立ち上がる事はできるものの、もう満足に歩けない状態。
とりあえず輸液はしたが、もう効果はないかも。

副業が終わって帰ったらチャビは寝室のベッドの上に移動していた。
ウチのベッドはとても低いし、周りにウレタンが入ってると思われる枠がついているので、それを足がかりによじ上ったようだ。

電気マットの上に移動させて隣で様子を観ていたが、今にも息絶えそう…というか、あまりにも動かなくて植物のようであった。
水を含ませても飲み込もうとせず。
もう1本輸液を貰って来てあったのだが、もう必要なさそうだ。
脱水が酷いので、辛さ軽減のため半分だけ入れた。
コレが最後。

寝る時も心配だったので、今日移動していたベッドの上に寝かせて一緒に寝ることに。
ちょうど、私のすぐ横だから。
それにしても、すでに半分あっちの世界にいっちゃってるくらい静かである。



続きを読む >>
2011.10.22 Saturday

がんばれおばあちゃん

三匹

昼頃出勤したものの、マンション管理組合の理事会が夕方からあったため早退。
来年の大規模修繕工事とやらに向けていろいろ決める事が満載で、3時間ぐらいかかった。

ここの所、食い気だけはあったバア様猫チャビの食欲が低下気味。
ここにきて急激に目に見えて痩せこけてきた。
歳をとると痩せてくるけど、ガリガリである。
もう18歳半だから、さすがに心配。
そろそろお迎えがきちゃうんだろうなぁ…。

一日中寝ていて、ご飯とトイレくらいしか歩き回る事もない生活。
頑張って、一日でも長生きして欲しい。

続きを読む >>
2011.07.29 Friday

備忘録/Bye-bye 一夏の想い出

 シーようやく、クー&シーのお相手をゆっくり出来るかなぁ…というOFFの日。

やっぱり3日目にはいると、「あと一息で仲良くなるぞ」という雰囲気になってくるようであるが、残念ながらタイムリミットなのであった。

日が暮れて涼しくなって、渋滞が解消する頃をねらって、里親さんの新居へ向かう。

当初、連れて来た時と同じように、大きなキャリーケースに2匹一緒に入れて行こうと思っていたが、ウチにいる間どういうわけかほとんど接触がない状態だったので、キャリーバッグに別々に入れて、いく事にした。

来る時は、車中でも落ち着いていてほとんど鳴かなかったのに、やっぱり今回は、少し鳴いていた。
バッグは二つ並べて、お互いの顔は見えるようにしていたんだけど。

初めていくところなので迷わないか心配だったが、曲がるところを通り過ぎたものの、適当に路地を入って、カンを頼りにずんずん進んでみたら、ちゃんとついた。
我ながらナイス!
(まぁ、大昔住んでいたところからそんなに離れていないし、当時のBFの家がわりと近かったりして、土地勘はあったんだよね。)

私も初めていくところだったが、クー&シーにとっても初めて足を踏み入れるところだったりするので、里親さん共々少し心配していたのだが、二人っきりに戻って、飼い主の顔を見て、どうやら日常を取り戻したみたいで、それなりに探索はしていたものの、すぐに我が家モードにチェンジしていた。

晩ご飯をおよばれして帰る頃には、すっかりリラックスして、いつもどおり二匹仲良く寄り添って寝ていた。
それを見て、ほっとした。

そんなわけで、無事に里帰りは終了したわけだが、帰ったら、クリがシーを探しているようなそぶりをしていてちょっとおどろいた。
遊び相手が見つかったと思ったのかなぁ。
まぁ、多少役不足かもしれないが、JOJOと遊んでいただこう。



続きを読む >>
2011.07.28 Thursday

備忘録/二日が過ぎ…

クー

とってもとってもお家にいたいのだが、今日もお猫さんたちを置いてお仕事へ…。
いない間、彼らがどんな風に過ごしているのか、とっても気になる〜。
(まぁ、ほとんど寝てると思うが……)

夜帰宅して様子を見ていると、シーはかなり警戒心がとけていて、ちょっかいを出すクリにときどき反応して、追いかけっこをしたりしている。
そして、テレビの後ろにスペースを見つけて、そこに潜り込んだり…。

しかし、クーは相変わらず、微妙に唸っている。
ただ、それもかなり惰性で…という感じにはなっているけど。
態度は確実にでかくなっているから、多少はリラックスできるようになってきたんだと思う。

やっぱりウチの猫達と打ち解けるには3日くらいはかかるんだろうな。
もともと2匹でいるから、それでも一人っ子に比べれば早いんだろうけど。



続きを読む >>
2011.07.27 Wednesday

備忘録/1日が過ぎ……

シー

本日も午後から20時まで仕事。
午前中、里帰り中のクー&シーを観察していたが、昨日よりはマシになったものの、シーは私のデスクの下に隠れて転がってるし、クーはキャットミニタワーの1Fや、カーテンの陰にかくれて転がって唸ってるし、大きな進展はなし。
二匹とも私にはちょっと甘えたりするものの、まだまだ借りて来た猫状態。

後ろ髪を引かれながらも出勤し、もちろんまっすぐ帰宅。
所在ポイントは変わってなかったけど、ご飯もちょっと食べたみたいだし、昨日よりはだいぶ姿を見せてくれるようになった。
シーはオスだからかわからないけど、結構うろうろするようになってきた。
クーも私の足下でゴロゴロころがったりすりすりしたりはするんだけど、やっぱりずうっと唸ってるんだよねー。

明るくなりかけて寝る頃には、見えるところで寝そべったりするようになって来たから、あしたになったら、ウチのコたちと少しは打ち解けて落ち着いてくれるかな。

金曜日の夜には里親さんの元に帰るのだけど、今のままのハイテンションじゃ、キャリーケースに一緒には入れられないかもしれないから。
まぁ、別々に格納していけばいいんだけどね。


続きを読む >>

▲top